メンバーシップお引越ししました。初月無料!ぜひどうぞ

【本編2】できそこないの幸せ(完結)

あらすじ

父・桐吾の逮捕から三か月。相羽家の養子になった光は、ふとしたきっかけで幸せの象徴「四つ葉のクローバー」を探し始めた。自分を愛し、義兄として、時に親友として寄り添ってくれる相方の相羽勝行にそれをプレゼントしたかったのだが――。
元被虐待児だった不良少年と、心の闇を隠し続ける優等生が織りなす青春ラブストーリー。

【本編1】背徳の堕天使の続編です。前作を無理に読まなくても読めるように配慮して執筆していますが、通しで読んでいただいた方がストーリーはわかりやすいです。
【本編3】両翼少年協奏曲はこちらのストーリーを別視点で描く、スピンオフ(番外編)になります。

傾向

シリアス 青春 学園もの 溺愛 執着 多重人格 両片想い トラウマ 推理要素あり
時間軸:高3初夏~卒業、大学進学後まで  

単行本情報

書店委託はせず、手売り頒布しています。通販はこちら

できそこないの幸せ03巻 第8章〜11章まで収録
できそこないの幸せ02巻 第4章〜7章まで収録
できそこないの幸せ01巻 第1章〜3章まで収録

◆こんなお話です◆

背徳の堕天使の続編です。前作はとにかく不憫な目に遭ってばかりの光ですが、今作は自分を頼ってくれた勝行を守ろうと健気に頑張るシーンが多いです。自己肯定感が低く、諦めがちな人生を過ごしてきた光は、なんでもすぐに「めんどくさい」と投げやりがちだし、くやし涙もぽろりと零れてしまいますが、成長するにつれ負けず嫌いな性格が彼を強くしていきます。温かく見守ってやってください。
逆に事件が積み重なっていくうちに、勝行はじわじわとブラック豹変率が高くなり、執着系ヤンデレ、人格破綻の片鱗が見えてきます。途中過程で二人がとにかくもどかしいほど「両片想い」を拗らせていくので気長に付き合っていただけると嬉しいです。
恋愛や友情の垣根を越えて、光が勝行をただ大切に思う気持ちが、小さなお話の端々から伝わりますように。

一緒に読んでほしい関連小説

ひとつ前の話

【本編1】背徳の堕天使【R18】(完結)

同じ時系列にあった別視点のWINGS

【本編3】両翼少年協奏曲(完結) 【まんが】両翼少年協奏曲β(2話)(悪夢で喘息発作を起こした親友を助ける男の話)